借地権のトラブルを回避するために

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

親から借地権付きの建物を相続した子どもが、将来のために建物を建て替えたいときには地主から承諾を得ることになっています。この際、地主との関係が良好でなかったり、いちから人間関係を築く必要があったりする場合には、地主に承諾を拒否されることもあります。

過去に地代の増減額請求によってトラブルや更新料の支払いがなかったなど、明らかな理由がある場合は、地主の主張が有利になることもありますが、単なる嫌がらせや立ち退き目的である場合には、地主からの承諾を諦めて裁判所に借地非訟を取るという方法も考えられます。

相続した借地権をめぐるトラブルで最も多いのが、更新料や地代についてです。物価の変動や近隣相場の変動が契約書に記載されている場合は、ある程度の値上げは覚悟しなければなりません。また、底地の買取を請求してくることもあるかもしれません。良好な人間関係を保ちながら、交渉するというのはなかなか難しく、法的根拠を示すだけの専門的な知識も必要となります。実際、地主と借地人の間で折り合いがつかず、長期的な泥沼化や将来に禍根を残すようなトラブルも多く発生しているため、打診した段階で快い返事がもらえない場合には、深追いすることなく専門家に任せた方が円満に解決する場合もあります。無料で相談が出来る借地権トラブルに長けた不動産会社などありますので活用してみると良いでしょう。

推奨リンク【ピタットハウス
└借地権トラブルに関する無料相談を行っています。