借地権の相続

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

借地権のある土地に自宅がある場合、自宅の所有名義者が亡くなると自宅の建物と一緒に借地権も相続の対象となります。親から子どもへ所有権が相続される場合は、地主に相続の得る必要はありません。名義人変更を行った場合、新しい借地人と地主の間に新たに借地契約を結ばなくてはならないという決まりもありませんが、承諾料や更新料を地主に支払わなければならないこともあります。

独立して実家を離れていても借地権を相続する権利はあり、借地人が亡くなったからといって地主から土地の返還を請求されてもそれに応じる必要はありません。借地契約を交わした借地人が亡くなり、それを子どもが相続した場合は、地主に対して、「土地の貸借権(または地上権)を相続によって取得しました」と通知するだけで特別な手続きを行う必要もないのです。

実の親子での相続では何も問題がありませんが、例えば、借地契約を交わした人間が叔父や叔母などにあたるような際に借地権つきの物件を引き継ぐ場合には、相続ではなく遺贈とみなされるため、地主の承諾と承諾料が必要になります。この場合は、受遺者と遺贈義務者が連署したうえで、貸借権の遺贈事実を地主に知らせて承諾の請求を行わなければなりません。地主はこれを受けて、承諾したことを伝えればいいのですが、後々のことも考えて内容証明などで確実に記録を残しておいた方がいいでしょう。借地権の相続や譲渡は、借地権や底地権などについて全く知識がなくても起こりうるため、わからないときは専門家に相談するのが一番でしょう。